ホーム>>製品案内>>セル型グラベルマット

セル型グラベルマット 海岸施工施設の吸出防止 洗掘による沈下変形を防止。

セル型グラベルマットがもたらす新たなメリット。

セル型グラベルマット海岸施設に大きく影響するのが波の力。海岸構造物は波の力による吸出し・洗掘の力を真正面から受けます。その防止対策として構造物の基礎の強化は必須です。グラベルマット工法は洗掘防止の基礎材である砂利を構造物の前面や底面に敷設することにより、構造物の下部の砂の吸出しを防止する工法ですが、軽量の砂利では、波力に対する安定性が無く、その効果を持続するために散乱を防ぐ必要性があります。その役割として、また新たな新製品が生まれました。ナカダ産業株式会社・財団法人土木研究センター共同開発によるセル型グラベルマット。セル型のネットに仕立てたマット状の袋体に、洗掘防止の基礎材である砂利を充填しパッケージ。それを敷き詰めて施工するという新発想。その施工性・施工後の効果に大きなメリットを感じていただけるものと確信しております。

製品の概要

セル型グラベルマットは、ネットで構成された四角柱または三角柱のセルに砕石を充填し、相互に連接してマット構造としたものです。ネットの素材は伸縮性、耐候性、耐摩耗性に十分な強度を有するポリエステルを用いています。 セル型グラベルマットは、吸出し防止機能と洗堀防止機能により沈下変形対策効果が期待されます。従って人工リーフ、潜堤、突堤、直立護岸、離岸堤などの沈下変形対策として効果が期待されます。その水理特性については、土木研究センターの水理実験にて立証済みです。

土木研究センターにおけるセル型グラベルマットの水理実験状況土木研究センターにおけるセル型グラベルマットの水理実験状況

(一財)土木研究センターにおけるセル型グラベルマットの水理実験状況

セル型グラベルマット規格

仕様

セル型グラベルマットは用途により
その仕様が異なります。

型式 単位 吸出し防止用マット 洗掘防止用
マット
幅×厚さ×長さ mm 2000×200×5000 2000×200×10000 2000×200×15000 2000×500×3000
セル幅 mm/
セル
250 250 250 500
素材   再生ポリエステル 再生ポリエステル 再生ポリエステル 再生ポリエステル
目合い mm 15 10 10 25〜50
繊度 dtex 16700 16700 25000 25000〜133000
網地引張強さ N 450 450 700 700〜3000
充填材 mm 20〜40の砕石 20〜40の砕石 20〜40の砕石 200〜500の砕石
重量 t 3.6 7.2 10.8 5.4